By Takayuki Kobayashi 2010年2月23日 Leave a Comment

本命マイクロソフトがクラウドに本格参入。
瑞風ではGoogleのApp Engineを使ってサービスを提供しています。
やはり気になります。

今日は1日目ということで、聴いたセッションの状況と感想を書きます。
明日、2日目には同様、セッションの状況と感想、それに総評を書きたいと思います。

■キーノート

うわぁ、とにかく派手!!音楽、映像、光、かっこいいです。
キーノートはライブ中継されたみたいで、流行のtwitter連携も行ってました。
つぶやくと大スクリーン上に写真と呟きが出ます!これはちょっとうれしい。

キーノートの中継
※Sliverlightプラグインが必要とのこと。

マイクロソフトのレイオジーがビデオでプレゼン。
2008年に発表し、2009年は改善、そして今年2月にプレビュー版から製品版へ!
(App Engineはまだプレビュー版なんですよね・・・)

マイクロソフトとしては「スリースクリーン+クラウド」を前面に出し、
クラウドのメリットと今後の方向性を示す。
let’s dream and then let’s build.

4つのキーテクノロジーの紹介

  1. Windows Azure
  2. Windows7
  3. SliverLight
  4. VisualStudio

今回の僕のキーはクラウドだったのでSliverlightとかは余り興味はなかったんですが、見ていると次第に・・・なかなかいい感じ♪
ちょっと触ってみたくなった。
あと、やっぱりMS製品は開発ツールがすばらしい!開発プロセスをきちんと考えたツール設計になっているため、すっごくわかりやすい。これをEclipseでやろうとすると、たぶん矛盾がおきる。さっすがマイクロソフト!

■T1-301セッション:Windows Azure アドバンスド アプリケーション開発
今回の目的でもあるクラウドのセッションを聞くため、ほとんどがT1-xxxセッション。
でも明日はSliverlightも見てみたいと思ったりして。

さて、本題。

スティーブマークスの同時通訳手のプレゼン。
彼はずっとマイクロソフトにいたのではないと思う。SMTPサーバをtelnetでたたいたり、
Lucene.NETを使ったり。かなりオープンな気がした。
詳しくは、あれ、パワーポイントがアップされてたんだけどなくなりました・・・
http://www.microsoft.com/japan/events/techdays/2010/session/session.aspx
そのつもりでメモをしてたので、キーワードだけピックしました。

  • ロール(Webロール、Workerロール)はサービスごとにポートを開く。
  • Azuruからのメール送信時はSMTPリレーサーバを用いないとスパム扱いされるかも。
  • クラウドの特性上、クロック(ロケーション時間)を信用してはいけない。
  • ロールインスタンスのライフサイクルの利用(スコープ)
  • Lucene.NETでインデックスはRAMDirectoryへ。(メモリ設定は16GB(!!))
  • ローリングアップグレード:ロール単位にアップグレードが可能。

個人的にはLuceneが気になりました。すべてをRAMDirectoryで扱うって、すごすぎ。でも確かにメモリが冗長構成になっていればそれもありかも。で、定期的にバックアップをする形にする。
GAEでもできるかも、です。

■T1-303セッション:Windows Azure ストレージ ~アーキテクチャとその適用
Azureで使うストレージの話。
大きく分けると、4つといってたけど、3つかな。

  • ブロック化されたストレージ
    ストリームやファイルアクセスなど
  • KVS
    マイクロソフトではKVSとは言わず、テーブルといってました。RDBとの言葉の切り分けがめんどくさい。別途、SQL Azureがあるから。
  • キュー
    サービス間をつなぐ同期、非同期通信ができるもの。

これらをカバーするためCDN(ContentDeliveryNetwork)をサービス提供。これは大きい。いままではAkamaiみたいなサービスがあったけど、マイクロソフトの中でまかなえるかも。ただし、料金体系は要比較!!EC2は意外と高かったから。

■T1-309セッション:Windows Azure Platform AppFabric によるオンプレミス/クラウド ハイブリッド アプリケーションの構築
ちょっとここはいまいちでした。
というのは僕の問題でスキルマッチしてませんでした x_x
ある程度知ってる人たちが聞くと、フムフムとなると思う。

キーとしては。

  • アクセスコントロール(トークンベース)
  • サービスバス
  • サービスインのタイミング

まだ正式版ではないらしく、ただ、どうしても必要な機能。
マイクロソフトが提唱する、
オンプレミス+パブリッククラウド+プライベートクラウド
の実現のためには。

サービスバスはアーキテクトとして面白かった。ただ、思ったとおりパフォーマンスの問題があるとのこと。プロキシとして使うと、どうしてもルーティングするためネックになる。で、最初だけサービスバスへアクセスし、UDDI的にサービスの場所を取得したら、その後はサービスバスを通さず、直接アクセスすることで解決するとのこと。考慮が必要なのは、1.グローバルIPが必要。2.ポート開放が必要。とのこと。
セキュリティ的には厳しくなるかも、です。内部通信であればいけるかもしれませんね。

■T1-202セッション:Windows Azure 先行事例の現場で得られた開発ノウハウ 1
1日目、最後。
事例でのクラウドの使い方の紹介。
クラウドの利用シナリオを提案。

  • On、Offを明確化する。
  • 急速な成長に対応する。
  • 予測不可能な使用増に対応する。
  • 周期的なな使用増に対応する。

なるほど。瑞風のお客様でもピークに対する対応はありました。
どうしてもサーバ台数を確保するのが難しく、アプリケーションでカバーしてた感じでした。
でも、限界値は低くなりますね。

ディザスタの情報をクラウドに!というのはよいアイディアだな。火を落としておいて、いつでも上げれる状態。ただ、バージョンとか管理は難しそう。

事例は3社。
弥生会計、ソニー、イースト。3社ともSliverlight+Azureの話題。
既存で.netアプリの移行は1週間とソニーさん。すごい!!
弥生さんもかなり早くから取り組んでいましたが、すべてを切り替える方向ではなく、既存も残しつつ、と言うところが難しいところ。多くお客様を抱えている弥生さん、マルチテナントの大変さを体感。
イーストさんは大量データの事例。検索エンジンを使ってコストダウンを実現!検索エンジンにはBTONICを使っているとのこと。マイクロソフトのサーバで動く検索エンジンなんですね!

■以上

1日目終了!お疲れ様でした!
また明日が楽しみです!




Sorry, the comment form is closed at this time.

Sorry, the comment form is closed at this time.