By Takayuki Kobayashi 2010年3月8日 Leave a Comment

むちゃくちゃ期待してニフティクラウドセミナー(@niftycloud1)へ行ってきました。
Twitterで「第2回募集してます!」ってつぶやいたら、RTされまくり、アクセスもかなりありました。やっぱ、国産クラウド、みんな興味あるんだなぁと実感。
セミナーは2セッションで抽選の30名づつ。結構少ない。

さて興味津々のセミナー内容です。


最初はニフティの基盤システム担当の上野さんの話し。
まずはじめに慣らしで「クラウドの定義」などクラウドの説明。
この辺りは結構時間を割いていたのですが、割愛。(すみません・・・)

再確認ということで、改めて説明をしていただいた感じ。

以下はtwitterのツィートで見つけたもの。キシダ(@kis)さん。
クラウドという言葉がわけわからないので、分類してみた

今度セミナーを行う側にもなるので、参考にさせていただきます♪

次に、ニフティクラウドの事例、競合、今後の展開の話し。
モバゲータウンとイベント会社のキャンペーンサイトを実現したということでした。強調されていたのは「短納期」でした。ここは押せない理由があります。後で出てきます。

競合は、Amazon EC2。かなり意識をされていました。国産だと、ソフトバンクのホワイトクラウド、NTTデータ。おそらくAmazonと同じサービス(S3とか)は出てくるんだろうなぁというテンションでした。

今後の展開、は、ちょっと厳しいですが本来あるべきものがロードマップに乗っているという感じ。
具体的には、FW、SLB、OSタイプ、クローニング、など。うーん、今時点のサービスではまだ早いのかなと思ってしまった・・・

次にニフティ営業の本多さんのはなし。

ここでは終止ニフティクラウドの商品のはなし。料金体系が一番プッシュされていましたが、わかりやすい!シンプルで料金も見えてくる。AmazonEC2の見積りが、結構、というか、かなり大変でした。このあたりよく考えているなぁと感じました。
あと、差別化ポイントとして、データセンターのロケーションと、管理コンソールの日本語UI。どちらも日本国内向けに話している感じ。
じゃ、海外展開とかはしないのかな、と思ったりした。

日本のデータセンターは非常にセキュリティが高く評価されているという話しを聞きました。そうなるとマーケットは日本だけでなく、世界なのではないでしょうか?
そういう話しを聞きたかったなぁという想いが空回り。

続いてデモ。

ここも割愛したいところですが、意外と力を入れていたので解説。実際にインスタンスを作成し、起動してみる。
公には5分で起動するとのことですが、実際には2分30秒程度とのこと。高速ディスクのオプション(10,000円/100GB)も追加してデバイスが見えることを確認。ここは各自でフォーマット+マウントをする必要があることを説明。

最後に質問コーナー。

いくつかぼくが質問をしたのは、以下の通り。

ディスクスペック(転送スピード)についてはどの程度か?
 公表していない。NFSではない。ニフティで使って絶えうるレベルである。

ディスクが壊れることはない?
 壊れることは、ディスクだけでなく、CPU、メモリも同様にある。
 ただ、そこはVMWareの機能を使って、フェールオーバーする。

ルートが与えられるので勝手にNFSしてもよい?
 問題ない。そういう使い方をしているお客様もいる、とのこと。

共有ストレージサービスの予定はいつ頃?
 春から夏にかけてを考えている。(公表はしてない)

ポートの開け閉めは自分でする?
 その通り。デフォルトはSSHポートしか空いてない。

オートスケールの予定はあるか?
 オープンソースを組み合わせて行う検討をしている。
 自分たちだけで完結しようとは思ってない。
 (おそらく、あくしゅさんだと思いました。違うかな??)

総括。
本当に期待してました。期待していただけにちょっとがっかり。一番期待していたのは、「国産クラウド」の挑戦について語ってほしかった。大きな夢を見せてほしかった、と思った。

あと、「オートスケールしないクラウドインフラはちょっと難しい」です。ここは本当にクリアしてほしい。
セキュリティについて」は、ニフティのデータセンターということで非常に期待しています。ここは日本の大手企業に提案する際、ニフティクラウドではコンプライアンスを守ることができるのでは?と期待大!「もっともっと広めてほしい!!」今はまだ歩き出したばかりという感じではありますが、もっともっと技術情報を出して公開して使ってもらってほしい。ニフティがクラウドをやる意義は十分にあると思ってます。じゃ、どういうサービスがいいのか、使われるためにどうするか、を真剣に考えてほしい。そしてブレイクしてほしい。
あ、質問で聞いたのですが、営業さんに問い合わせれば、試用期間としてアカウントをもらえるとのこと。興味のある人はぜひ!

ものすごく期待していた分、そのギャップが大きかった。でも、ニフティクラウド、ぜひぜひ使ってみたい!良質なクラウドインフラが得られると思います。

今後が楽しみです♪

その後、3/6(土)に第3回ライブドア・テクニカルセミナーUST)があって(たまたま見つけた!)、ここでもニフティクラウドのことがプレゼンされていました!
参加されていた@ hokaccha さんに詳細な説明がありますのでそちらも参考になるかと思います。

ではでは。




Sorry, the comment form is closed at this time.

Sorry, the comment form is closed at this time.