By ZUIFU Blogger 2011年11月14日 Leave a Comment

djbdns

DNSといえば、bindが一番メジャーかもしれないが、djbdns の方が軽くて、セキュリティも堅牢というイメージがあり、業務とは関係無いが、試しにセットアップしてみようとまずはインストールしてみた。

基本的には、下記の公式サイトの手順だが、make時にエラーが発生したのでその対処方法を記載しておこうと思う。

http://cr.yp.to/djbdns/install.html

 

大きな流れとしては、djbdns をインストールする前に、daemontools と ucspi-tcp を事前にインストールが必要。

ucspi-tcp のインストール方法は下記の通りだが、下記手順のみでは、makeが通らない。。

http://cr.yp.to/ucspi-tcp/install.html

/usr/bin/ld: errno: TLS definition in /lib/libc.so.6 section .tbss mismatches non-TLS reference in tcpserver.o
/lib/libc.so.6: could not read symbols: Bad value
collect2: ld はステータス 1 で終了しました

上記のエラー回避のためには、patchをあてる必要があり、下記の通り。

wget http://qmail.org/moni.csi.hu/pub/glibc-2.3.1/ucspi-tcp-0.88.errno.patch
wget http://qmail.org/moni.csi.hu/pub/glibc-2.3.1/ucspi-tcp-0.88.a_record.patch
wget http://qmail.org/moni.csi.hu/pub/glibc-2.3.1/ucspi-tcp-0.88.nobase.patch

patch -s -p1 > ./ucspi-tcp-0.88.errno.patch
patch -s -p1 > ./ucspi-tcp-0.88.a_record.patch
patch -s -p1 > ./ucspi-tcp-0.88.nobase.patch

で、後は手順どおり、

make
make setup check

で、ucspi-tcpのインストールは完了。
daemontools と djbdns の設定は後日記載予定。




Leave a Reply

(required)

(required)