By ZUIFU Blogger 2011年11月18日 Leave a Comment

play_framework

playでは、eclipse開発用に、eclipseプロジェクトファイル等を作成する

コマンドが用意されている。

eclipseのプロジェクト単位で、管理/開発を行うにあたり、

1. play new [アプリ名]

2. play eclipsify [アプリ名]

3. eclipseからプロジェクトのインポート

を毎回行うことになるので、手順1.と手順2.を一度にできるように、バッチファイルを作成した。

以下バッチファイルの内容。

前提として、

playのインストールPATHは、Windowsの環境変数でPathに設定済み

eclipseのworkspaceのディレクトリは、
"C:appseclipseworkspace"

になっています。 ※適宜書き換えて下さい。

playapp_makepj.bat -------------------------------------------------------------------

rem ecliseのworkspaceのディレクトリを指定
SET WORKSPACE="C:appseclipseworkspace"

set /p PJNAME="プロジェクト名を入力してください >"
cd %WORKSPACE%
call play new %PJNAME%

call play eclipsify %PJNAME%

-----------------------------------------------------------------------------------------------

簡単なものだけど、せっかくplayでサクサク開発できるので、

細かいものをさらにテンポよく開発できるようにと、ささやかな工夫でした。




Leave a Reply

(required)

(required)