Category Archives: Google App Engine

Play! framework 1.2.3 CRUD モジュールを拡張したJQCRUD さて、Play! framework Advent Calendar 2011 jp #play_ja の13日目。さすがに Play 2.0 の話題が多い中、まだ1.xでがんばっています。 Play との出会いは、知人(@d_noguchi)に java で Rails みたいなことができるものってないの? と聞いたところ、「Play framework があるよ、ただ自分は Scala のほうに興味がありますが・・・」、といわれて触り始めました。 もともと生産性の高い(?)Java 言語だけに、堅牢性や冗長性、などが考慮されいるフレームワークはほかにないのではないでしょうか。 今回は標準でサポートされている CRUD モジュールを拡張し、jQuery 対応をした JQCRUD を作ってみました。 Play framework JQCRUD デモサイト(更新OK!) JQCRUD モジュールを作成 Play! framwork の利点の一つとして豊富なモジュール(本家)があげられると思います。 また、このモジュールが結構簡単に作成できてしまいます。 クラスメソッド開発ブログ 「Play frameworkのいろいろなモジュール番外編 –Play Moduleを作成してみるその1」 これだけでモジュールのプロジェクトのテンプレートを作成できます。 play new-module jqcrud その後、build.xml が作成されるので、それをもとに eclipse でプロジェクトをインポートします。 当初は Play アプリケーションで実装を進めていたのですが、リファクタリングとしてモジュール化を行いました。 CRUD.java を継承し、追加(含オーバーライド)したメソッドは4つ。 index(), list(), listTable(), showJson(), createJson() です。 主に JSON 系の処理を追加しています。 処理は CRUD とほぼ一緒で […]

◇playとは 一言で、生産効率を意識したJavaのフレームワーク。 http://playdocja.appspot.com/ 以下概要より。

cuculec2

「Cucul EC」とはGoogle Appengine上で動くSaas型ECです。
サーバなどを気にせず、安価にショッピングカートが利用できるものです。

Google Appengineを使用する上で、いくつかのアーキテクトを使

本命マイクロソフトがクラウドに本格参入。 瑞風ではGoogleのApp Engineを使ってサービスを提供しています。 やはり気になります。 今日は1日目ということで、聴いたセッションの状況と感想を書きます。 明日、2日目には同様、セッションの状況と感想、それに総評を書きたいと思います。 ■キーノート うわぁ、とにかく派手!!音楽、映像、光、かっこいいです。 キーノートはライブ中継されたみたいで、流行のtwitter連携も行ってました。 つぶやくと大スクリーン上に写真と呟きが出ます!これはちょっとうれしい。 キーノートの中継 ※Sliverlightプラグインが必要とのこと。 マイクロソフトのレイオジーがビデオでプレゼン。 2008年に発表し、2009年は改善、そして今年2月にプレビュー版から製品版へ! (App Engineはまだプレビュー版なんですよね・・・) マイクロソフトとしては「スリースクリーン+クラウド」を前面に出し、 クラウドのメリットと今後の方向性を示す。 「let’s dream and then let’s build.」 4つのキーテクノロジーの紹介 Windows Azure Windows7 SliverLight VisualStudio 今回の僕のキーはクラウドだったのでSliverlightとかは余り興味はなかったんですが、見ていると次第に・・・なかなかいい感じ♪ ちょっと触ってみたくなった。 あと、やっぱりMS製品は開発ツールがすばらしい!開発プロセスをきちんと考えたツール設計になっているため、すっごくわかりやすい。これをEclipseでやろうとすると、たぶん矛盾がおきる。さっすがマイクロソフト! ■T1-301セッション:Windows Azure アドバンスド アプリケーション開発 今回の目的でもあるクラウドのセッションを聞くため、ほとんどがT1-xxxセッション。 でも明日はSliverlightも見てみたいと思ったりして。 さて、本題。 … 続きを読む